インデックスに戻る

竜使い

創作 ライエスト サージェイド「竜使いと白いドラゴン」の主人公ライエストとサージェイド。
こういう雰囲気の絵を描きたかったので、思い通りに描けて満足。
 
 
作中には触れられてないのですが、ライエストは神竜ゼーブルグの末裔が住むトゥルパ村の直系の血筋です。父親であるアルフォドは村のリーダーとして長老たちと様々なことを決定してきました。直系は竜の血が濃く、アルフォドの見た目は完全に人間でしたが知能と身体能力がずば抜けていました。神竜の血の影響は人によって様々で、体の一部に現れたり寿命が長かったり不思議な力が使えたりしています。
ライエストは角と尻尾が生えた状態で生まれ、尻尾は生まれた時に切り落とされましたが角は折れなかったため頭に帯布を巻いて隠しています。また、神竜ゼーブルグは非常に珍しい三つ目の竜で、ライエストは生まれた時にその目も遺伝してありましたが、長老たちに危険視されて潰されています。おデコの傷はその名残です。本人には額の目のことは知らされてないので、幼い頃に何か大怪我したんだとしか思ってません。直系とはいえ、村で特別視されているわけではなく、身分差別なく暮らしています。
トゥルパ村の始まりは、大昔に神竜ゼーブルグに生贄として捧げられた身分の低い人間の娘から。神竜ゼーブルグは人間の生贄が欲しかったわけではなく人間と共に暮らしたかったのですが、当時の人間たちの恐怖心からの勘違いにより生贄を捧げられました。やがてその娘のことは世間から忘れられて、生まれた子たちが子々孫々と生き続けて村となりました。世界の最果てでひっそりと生きてきた村ですが、何らかの理由で迷い込んだ人間が村を気に入って永住することもあり、神竜の血は少しずつ薄くなってきました。
神竜ゼーブルグはトゥルパ村でしばらく暮らしていましたが、世界を滅ぼそうとした“白の破壊”という魔物が現れて、それと戦いました。“白の破壊”を封印することに成功するも相打ちとなり、命を落としました。この事実はトゥルパ村にしか残っておらず、世界では自然大災害として歴史に残されています。神竜ゼーブルグの意思は村に根付いていて、村人たちは竜族と仲良く暮らしています。竜族に認められて竜使いになれることは一人前になるという風習になっています。
・・・という設定があります。

作品一覧に戻る