インデックスに戻る

クローン隊っぽいの

九番目の影鴉と雷虎と焔狐。
 
鴉の勾玉は、九番目の命という意味で。
我が家のⅨ籠は9番目のクローンなので、8番目までの失敗作の兄に依存してる。
色々あって多面的で複雑な子。オリジナルであり本物の兄でもあるアーミィに対して、さまざまな深い感情を持ってる。
 
虎の神鳴は、圧倒的な力強さの意味で。
鎖って、派手で豪快で快活なイメージ。荒っぽいけど親しくなればいい親分肌を見せてくれる。
でもオリジナルであるグラビティとの戦闘は避けて通れない。落ちずに雲の間を流れる雷は、秘めた心の迷いの表れ。
 
狐の炎水は、狐の隠れた二面性の意味で。
刺斬は炎属性、でも刀は水属性。狐の火で刀の妖力抑えて、刀の水で刺斬の能力鎮めてる。
冷静で真面目、誰よりも自己犠牲精神があって人に尽くすのが趣味レベル。でもそれは幼少期の愛情不足の反動だったり…。
 
・・・・・っていう妄想。

作品一覧に戻る