インデックスに戻る

・‥… 暦 …‥・

 限られた存在だけが知る空間。
 あの世だとか、冥界だとか、神の住まう国だとか言われている場所。
 足下の遥か下に広がる、暗闇に包まれた地上を見詰めている存在がいる。
 大きな漆黒の翼を生やした、男。
 世俗との関わりの無い彼に、名前は無い。
 けれど、その存在を知っている者は、彼をtracesと呼ぶ。
 tracesは夜闇の地上を見下ろしながら、翼を広げて軽く羽ばたきをした。
 空間を歪める羽ばたき。
 ふと、何かの気配を感じて、tracesはゆっくりと後ろに振り返った。
 そこには、片手で掴めるくらいの小さな白い兎のヌイグルミが立っていた。
 白兎のヌイグルミは生き物のように動き始める。左右に大きく身体を揺らして歩き、その歩いた軌跡にはポンポンと音を立ててチューリップの花が咲く。
「寂シイ コノ場所ニ オ花ヲ 咲カセテ アゲルヨ」
 壊れたゼンマイのような掠れた声で、そのヌイグルミが言った。
 こんな奇妙な事をする者は、ひとりしかいない。
「Aか」
 と、tracesは言った。
「御機嫌よう、traces…」
 何の前触れも無く声がして再び振り返ると、どこか狂気じみた雰囲気の道化師が立っていた。
 ヤギに似た大きな耳をピクッと動かして、口の端を上げて笑う。
 この道化師のような存在もtracesと同じく名は無い。
 存在を知る者だけが、Aと呼んでいる。
「何をしに来た?」
 tracesの黒目に赤い瞳が道化師の姿を捕らえる。
「そろそろ夜明けの時間だと思いましてネ」
 Aはtracesの目線も気にせずに、足下に広がる地上を見下ろした。
「ワタシは、この世界が永遠の闇に凍り付こうが、永久の光に燃やし尽くされようが、関係ナイ。ケレド…」
 バシィ、と黒い翼の羽音が響く。
「世界の昼夜を管理するのは、我の役目だ。軽んじて語るな道化…!」
 切れ長の目を更に細くして、tracesはAを睨んだ。
 しかし、tracesの牽制にもAはまばたき一つせずに、ニィと笑みを浮かべた。
「クク…。いや、失礼。仕事熱心なのだネェ」
 視線をtracesに向ける。
「闇と光が入れ代わる…。ワタシはその瞬間が好きダヨ」
 Aはゆっくりと近付き、tracesの周りを回るように歩き始めた。
「輝きでもなく、陰りでもない、その瞬間がネ」
 ふいに鈍い痛覚を感じて、tracesはぎゅっと目を閉じた。
「痛かったカイ?」
 tracesの前に来て、覗き込むようにして顔を近付けるA。
 その手には、黒い一枚の羽根。tracesの翼から引き抜いたものだった。
「痛かったのなラ、失礼」
 ぱたぱたと黒羽を振るA。とても詫びている態度には見えない。
「…貴様…」
「いつも怒ってばかり…。笑ったらどうダイ?」
 Aはtracesの黒羽を両手で挟んでから、ゆっくりと両手を開く。不思議な事に、黒い羽根は黒い兎のヌイグルミに変わっていた。
 黒兎のヌイグルミは先程に現れた白い兎のヌイグルミと同じように動きだし、Aの手から下りると、可愛らしい動きでtracesの周りをぴょんぴょんと跳ねて回った。
 どこからか再び白兎のヌイグルミが現れて、黒兎のヌイグルミとワルツを踊り始める。
 いつのいつの間にか、おもちゃの楽器を持った犬や猫、カエルなどのヌイグルミも現れていて、優雅な音楽を奏でていた。
 tracesは視界の隅でそれを見ていたが、すぐにAに顔を向けて睨んだ。
「目障りだ。我の邪魔をする気ならば去れ」
「おや。御気に召さないようデ…」
 軽く肩を竦めて、Aはパチンと指を鳴らす。ヌイグルミ達は、ぶくぶくと血色の泡になって崩れ溶けていった。
「楽しませてあげようと思ったのにネェ」
「必要無い」
「ココはつまらない場所ダ。たまには地上に下りたらどうダイ?」
「……」
 tracesは少しだけ考え込んだが、首を振った。
「アナタのお陰で、凍えることも焼かれることもなく生きていける存在がいるのダヨ。そうとは知らずに生きてイル…」
 実に愚かしく愛しい。と、Aは言った。
 tracesはAが時折、地上に降りている事を知っていた。しかし、自分達と地上の生命では、存在の次元が違うのだから、干渉する事が善しとは思えない。
「ほんの少しだけ手を下せば、『奇跡』だとか言っテ、喜々とし恐怖スル。喜ばせるのモ、怖がらせるのモ、楽しくてしかたナイ…」
「地上に関与するのは愚行としか思えぬな」
「他の生物との距離を縮める事デ、知る事がアル。考え方も変わるヨ」
「…何が言いたい?」
「いえ、別に」
 Aは意味深気に笑って目を逸らせた。
「さて、もう時間ダヨ。朝にならナイと、地上のモノが煩く騒ぎ出すヨ。特に小聡いニンゲンはネ」
「ふん」
 tracesはAから少し離れると、目を閉じて翼を広げる。指先で空間に文字のような記号を描き、その文字の羅列は輪になってtracesを囲んだ。
 大きく広げれられた漆黒の翼は羽根を散らす。舞い落ちる羽根は黒い閃光を放って消えていった。
 光の粒子が集まって、空に漂う羽衣を形成する。tracesは凛とした女神に姿を変えた。
 そのわずか数秒にも満たない間、Aはまばたきせずに、ずっと見入っていた。tracesの変身が終わると、足下の遥か下の世界が柔らかな光に照らされ始める。
「美しい…」
 Aは、わざとらしく笑む。
 そしてtracesの手を取ると、手の甲にそっと口付けをした。
「私に触れるな、道化」
 透き通るような、けれど芯の強い声でtracesは言い、Aの手を振り払った。
「綺麗な花には棘が有る。…ニンゲンは上手い事を言うネェ」
 Aはクククと喉を鳴らす。
 そして左腕を大袈裟な仕種で広げて、深く頭を下げた。
「では、サヨウナラ、光の姫君。また会いに来るヨ…」
 言い終わるか終わらないかの内にぐにゃりと空間が渦巻き、Aの姿は消えていた。
 tracesは深く息を吐くと、ゆっくりと空間の中を歩き始める。
 足下には広がる地上。
 数えきれない程の生命が宿る。弱く、脆く、儚い生命。
 尊ぶ訳でも無く、哀れむ訳でも無く、tracesは静かに見詰めた。
 
 
 
 
 
終わる

作品一覧に戻る