インデックスに戻る
  • 日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく日記。
    ゲームや嗜好品の感想も。

  • 小さな物語を


    そのドラゴンは真っ白で、醜いほど形が無かった。
     
     
    その少女には、力が必要だった。
    民を外敵から守るための。
    国を戦争から守るための。
    争いの無い世界をつくるための。
     
     
    極東の森の奥深くにいるという、伝説の真っ白なドラゴン。
    この世の全てを支配する力を持ち、法則そのものを捻じ曲げる。その力は神をも凌駕すると謳われている。
    しかし、その性格は極めて凶暴。目撃者が極端に少ないのは、生存者が殆ど居ないためだと噂されている。
    少女は、縋る思いでドラゴンを探し始めた。
     
    苦難の末に辿り着いた森は、近寄りがたいほどの美しい森。
    真っ白なドラゴンは確かに存在していた。影も映らないほどの純白色。絶えず形を変える姿はおぞましく悪夢のようだった。
    けれど、噂に聞く凶暴な性格ではなかった。その姿の恐ろしさから生まれた、ただの風説だった。
     
    少女の懸命な説得に、真っ白なドラゴンは心打たれた。
    真っ白なドラゴンは3つの記憶と引き換えに、戦争を無くすという願いを叶えた。
    ひとつ目は、人々から悲しい戦争の記憶を。
    ふたつ目は、人々から真っ白なドラゴンの存在を。
    みっつ目は、少女の苦難の旅の記憶を。
     
     
    その後、真っ白なドラゴンを見た者はいない。
     
     
     
    ★・・・・・そんな願いにも似た夢だった。
    少女は明らかに某方の子の前世のイメージだった。
    夢は自由の世界。
     
    今日は、ヒックとドラゴンが観たくて、ブルーレイレコーダー代わりにプレステ3を9年ぶりに起動。
    ドラゴン最高よな!! もうこのひと言しか出ない。うずしおもドラゴンに乗って空飛びたい。
     
    うずしおは死んだらドラゴンに会いに行く。必ず…必ずだ!

      月毎

      検索