インデックスに戻る
  • 日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく日記。
    ゲームや嗜好品の感想も。

  • 誰も知らない今のうちだけ

    ★本当はもうちょっとくっ付いてたんだけど、自重したから許して。
    うずしお、百合系ショタなアミⅨが大好きなんだけど、ニッチというか少数派というかマイナーというか…。よくわからない。
    活火山噴火口中心地でひとりで裸踊りしながら馬鹿騒ぎしてて、世間的に真っ先に死ねるところに立ってるのだけは理解してる。
    うずしお的には、お互いに恨んでても好きでも嫌いでもヤンデレでもツンデレ何でもいいんだけどさ。
    この2人関しては何でも食えるくらいの悪食になれたし。
    ・・・これ以上、2人について語ると変なコト言いそうなので、やめときますね。
     
    自分と全く同じ顔の存在を殺すのって、どんな気分なんだろうか。
    ああ、死ぬときこんな顔するんだな…ってくらいにしか思わないのかな。
     
     
    ウチのⅨ籠が世界で一番可愛いなと自信があります、うずしおです。
    自信をもつのはいいことだと思うけど、自信をもつ対象はよく考えたほうがいいですね。分かってます。
    はっきり言って、ウチのⅨ籠は気味悪い子ですが。それも分かってます。
     
    喪失するよりも、得るものは多いはず。
    一寸先は闇。そうでしょう?


    捧げる 無償の愛
    この先のことなど 知りもしない 信じもしない
     
    それが真実でも仮初でも 構わない
    “今”がどこまで続くのか 明日に祈りつづける
    永遠なんてない 心の片隅で知りながら
     
    惜しむ こぼれる砂
    この先のことだけ 解っていると 信じてみると
     
    それが真実でも仮初でも 構わない
    “今”がどこまで続くのか 明日に祈りつづける
    永久なんてない だから茨の道を歩き続けて
     
    痛みを忘れるほどの光がある
    それが真実でも仮初でも 構わない
    輝く世界を包む祈り その手に捧げる想い
     
    この心を手放すまでは 久遠に続くと

      月毎

      検索