インデックスに戻る
  • 日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく日記。
    ゲームや嗜好品の感想も。

  • 天使の翼を生やした悪魔

    ★人間は残酷だ。
     
    どこかで、人間は天使と悪魔の間の存在だと聞いたことがある。
    天使側にも悪魔側にもなれず、神々の世界に住めなくて地上に降りて来たそうな。
    そんな事を考えていたら、まさにそれを体現してるラスボスを思い出した。
    妖星乱舞・・・最強のぼくちん。
    無邪気に冷酷非道、純粋なまでの狂気。
    あ、いや、コイツは天使とか悪魔とか通り越して神になったんだったっけ。
    瓦礫の塔の上で神様気取り。やってる事まさに道化だよな。
    ストーリーが進むにつれて、人格崩壊していく様子が、当時のうずしおにも、哀れに見えた。
    「心無い天使」の直後「アルテマ」攻撃されると、最強メンバーでも即全滅だったな(笑)
    あれは酷い連続攻撃だった…。
    セフィロスが天使(セーファ・セフィロス)になったのもビックリしたケド、ケフカが神になったのに比べれば、たいした衝撃ではなかった(笑)
    15年くらい振りにケフカ描いただなんてそんな…!
    もう、そんなに月日が経つというのか…。
    神属性+道化要素=萌
    A様じゃん!(笑)
     
    ・・・ってか、神ケフカって、『嘆きの樹』のアイツに雰囲気似てるじゃん!!
    あの白い翼の色黒生足の化け神!!
    ああ、だから、うずしおはあの5神の中で白い翼の色黒生足の化け神が気に入ってたのか(笑)
    歳を重ねても、萌える要素は変わらないという事…か?(笑)
     
     
    以下、ちょっと暗いお話。
     
     
    子猫が、いたんですよ。迷い猫。
    片目が潰れ、もう片方の目も濁ってて…。誰が見ても病気だとわかる細くて小さな猫。
    鳴き声なんか、声にならない、息を吐くだけになっていて、よろよろとしてる。
    そんな子猫が、必死に人間を見つけて誰彼構わず、すり寄ってくる。ごろごろと喉を鳴らして。
    飼い猫だと、すぐに解った。野良猫だったら、あんなに人間に近づいてなんか来ない。
    人間に捨てられた猫だった。
    何故捨てたのか・・・病気持ちだと知ったからだろうか。本当の事は、飼っていた者にしか解らない。
    私は、経済的に余裕のある人間では無いから、その猫を助けてあげる事ができなかった。
    既に猫を飼っているし、病院に連れて行って治療してもらうには、膨大な費用がかかる。動物は人間と違って保険が効かないから、負担率100%という恐ろしい数値になってしまう。
    せめて…やせ細った身体に、少しでも体力をと、キャットフードと水を持って、近くの小さな公園に連れて行った。
    子猫を抱っこしたら、まるで中身が無いかのように軽かった。もう、この猫は限界であると、本能が感付いた。
    公園の隅で、キャットフードの皿を置いてあげたが、子猫はちょっと匂いを嗅ぐだけで、たべようとせず、必死にすり寄ってくる。水も同じだった。
    不安で不安で、水すらも飲めないくらい不安で、ストレスになっているらしかった。
    もう人間無しでは生きていけない猫。
    自分が捨てられた事も知らずに、この子猫は人間を信頼している。
    どうにもしてあげられない事に、涙が出た。
    耐えきれなくなって、走り逃げるように公園を後にした。
    この夜、母が様子を見に行ったが、既に子猫は居なくなっていたらしい。
    場所を変えたのか、拾ってくれる神のような人に出逢えたのか、それとも・・・。
     
    以前にも、子猫が捨てられていた事がある。
    やはり人間に懐っこい猫だった。
    もしかしたら、この付近の何処かに、猫のブリーダーがいるのかもしれない。
    どんな事情かは解らないけれど、猫を捨てないであげて欲しい…。
    人間を信頼するように育てておいて、見放すなんて、あまりにも残酷すぎる。

      月毎

      検索