インデックスに戻る
  • 日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく日記。
    ゲームや嗜好品の感想も。

  • ねんどろいど改造 その1

    ★とりあえず、髪型が似ているという理由だけで、ねんどろいどのこなたを我が家の擬人化クラーケンっぽく改造してみようと思います。
    ピンキーの改造は経験があるのですが、ねんどろいどは、初めてです。
    まぁ、似たようなモンでしょうから、ピンキー改造の時に僅かながら得た経験と技術をフルに使います(笑)
     
    最初にやる事は、テキトーに予想図を描く。
    …うん、できそう…!
    根拠の無い自信が湧いてきたので、すぐに作業に取りかかります。
    モチベーションを高める事が一番大事です(笑)
    髪型はそのままで、色だけ変える方向で。顔は頬に装甲と傷を描くだけで。
    …頭部は楽ですね(笑)
    都合上、肌の色は元のままでいきます。手の付け替えした時に、顔と手の色が違うというのも変だと思うので(笑)
    ねんどろいどは、ピンキーと違って、他のキャラの顔パーツが合わない場合があるらしいので、同じキャラのパーツで作った方が無難かもしれません。
    (ピンキーでも時々合わないパーツとかありますがゴニョゴニョ…)
     
    猫ミミこなたは、可愛いので、そのまま残しておきたい。
    なので、バージョン違いのこなたを買いました(笑)
    レッツ、エンジョイ OTAKUライフ
     
    後ろ髪に維持装置(白い角みたいなヤツ)を作ります。
    後ろ髪の両側にマスキングテープを貼って、その上にそれっぽくパテを盛り盛り付けます。

     
    パテが固まったら破壊しないように、取り外します。
    マスキングテープ無しでパテを付けてしまうと、取れなくなるので要注意。
    直接付けたままで加工できる人には必要ないですけど、うずしおは勇気がないので、取り外して加工します。
    マスキングテープが無い場合は、サランラップで代用出来ます。
    維持装置が思ったよりも小さいので、パテ盛り直し。
    ウチのクラーケンが人型でいられるのは、この維持装置のお陰(外すと元のバケモノ姿に戻る)なので、脳内妄想では大事な部分…っつーコトで、丁寧に作ります(笑)

     
    カッターで削って、必要ならパテ盛り。
    削って盛ってをっ繰り返して、思った通りの形になるまで根気よく頑張ります。
    終盤はヤスリをかけて、形を調えていきます。
    外側はだいたいこんな感じで良し(笑)

     
    左側の角が良い形に出来たので、右側の角もこれと同じ形にしようと思います。
    左側の角をおゆまるで型取りをして、右側の角を少し小さくなるように全体的に削ります。
    そして、周りに少しパテを盛って、型取りしたおゆまるに押し込みます。
    んで、固まったら壊さないように取り出す。
    パテ不足で欠けた部分や、詰め残し、気泡なんかの穴はパテか溶きパテで埋めます。
    余計な部分を切り落とし、ヤスリで形を整えます。
    おゆまるの使い方は、展示物にあるピンキー改造の士朗を参考にして下さい(笑)

     
    内側の凹みは、溶きパテで埋めます。
    小さい凹みを埋める時には、溶きパテがあると便利です。
    溶きパテを塗って、乾いたらヤスリがけ。

     
    まだ付け足す部分があるのですが、これで両側の角が出来ました。
    アロンアルファでくっ付けます。
    付けた時に、隙間があるので、これも溶きパテで埋めます。
    少々歪んでますが、深呼吸をして忘れましょう(笑)
    ・・・と思ったけど、少し削って微修正しました。少しはマシになったハズ。
    予想図よりも大きくなってしまったけど、問題無し。あくまで、予想だから!(笑)
    角でもキツネ耳でも無いから、解り易いように大きい方がいいと思ったんだよ!(笑)
     
    ダラダラとやってるので、ここまでで、数日かかってます。
     
     
    ・・・うずしおは…
    大変飽き易いタイプなので、途中で改造放棄する可能性があります。
    続けていたら、また日記に載せます(笑)

      月毎

      検索