インデックスに戻る
  • 日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく日記。
    ゲームや嗜好品の感想も。

  • ある高校生のおまじない

     暖か陽が差し込む教室で、静かな時間が過ぎる。
     和やかな雰囲気の授業風景。しかし、オデットの心はざわついていた。
     オデットは名門校であるアーテロイド高校で一番の成績を収める優秀な生徒で、容姿も麗しく、全生徒からの憧れの存在。
     でもそれは、エレーヌが転校してくるまでだった。
     エレーヌは2ケ月ほど前に転入してきた学生で、愛嬌がありとても可愛らしい容姿をしていた。それだけでなく、オデットに負けず劣らずの成績の生徒だった。
     生徒からの人気はオデットとエレーヌが二分するようになってしまい、オデットはそれが面白くなかった。エレーヌに負けたくなくて今まで以上に勉強に励むようになり、その反面ピリピリとした雰囲気になってしまっていた。
    「ねぇ、オデット。エレーヌって生意気じゃない?」
    「え?」
     ある日、授業の休み時間に友人のナタリーから言われた言葉は、意外なものだった。
    「だって、転校してきたばかりなのに、あんなにチヤホヤされちゃってさ」
     ナタリーはじっと横目で教室の端を見遣る。その視線の先はエレーヌの姿があり、その周りには何人かの生徒が笑顔で囲んでいた。
    「そ、そうよね…!」
     ナタリーの言葉に、オデットの心には今までに無かったエレーヌに対する攻撃的な感情が芽生えた。それはすぐに広がりオデットの心を包み込んだ。
     ナタリーはオデットの同意に気を強くし、身を乗り出すようにしてオデットに耳打ちをする。
    「帰りに、こっそりエレーヌを追いかけて、どんな家に住んでいるか見てみない? きっとオデットみたいなお嬢様じゃないから、小さな家に住んでるに決まってるわ」
     ナタリーはエレーヌの容姿は悪くないが服装が少しみすぼらしいことから、そう思っていた。
    「そうね、行ってみましょう」
     オデットはナタリーの提案に乗った。ナタリーの予想が当たっていたとしたら、少しでも自分のプライドを保てると思ったからだった。
     
    「あらあら、やっぱり。こんな街外れまで来ちゃって。ねぇ、オデット?」
     ナタリーは周囲を見回しながら得意気に笑う。帰宅時間になり、こっそりとエレーヌの後を追っていた2人は、寂れた街外れに来ていた。
     オデットは遠くに見えるエレーヌの背中と周囲を交互に見ながら、ナタリーの言う通りだと思った。所々にヒビの入ったコンクリートの道にはゴミが落ちていて、建っている家はどれも小屋のように小さいものばかりで薄汚れている。
    「あの家に入ったみたいよ」
     ナタリーは声を弾ませて、足を速めた。エレーヌの家は周囲と同じようなとても小さな家で古びていた。
     しかし…。
    「エレーヌお姉ちゃん、おかえりなさい!」
    「ただいま、みんな」
     小さな家には、たくさんの幼い子供たちがいて、エレーヌを玄関で出迎えていた。その奥から、顔色の悪い痩せ気味の女性が顔を出す。
    「おかえり、エレーヌ。ごめんなさいね、夕飯がまだ途中なの」
    「ただいま。母さんは無理しないで寝ていて。洗濯が終わったら、すぐに夕飯を作るから」
     エレーヌはそう言ってスクールバッグを玄関に置くと、家の外にある洗濯機の所へ行き手際よく衣服を入れていく。それが終わると狭い庭の草むしりと落ち葉拾いをし、少しした後に家に入って行った。間もなくして、温かな談笑の声が聞こえてくる。
    「思った通りね」
     ナタリーはオデットに向かって言ったが、オデットはエレーヌが入って行ったドアをじっと見つめたまま呆然としていた。
     笑顔の弟妹たち、病弱そうな母、家事を頑張るエレーヌの姿、ぬくもりのある笑い声。裕福であっても、多忙で不在がちな両親の代わりにメイドたちと暮らしている一人っ子のオデットにとって、知らない世界がそこにはあった。
     
     翌日、オデットはナタリーと一緒に登校し、エレーヌの姿を見つけると駆け寄った。
    「あ、オデットさん。おはようございます」
     エレーヌはいつもと変わらない様子で挨拶をする。
    「エレーヌ、あの…。私と、友達になってくれない?」
     それは、オデットの心からの想いだった。昨日のエレーヌを見て、同情でも哀れみでもなく、純粋にエレーヌの直向きな姿に憧れていた。
    「ほ、本当…? 私、ずっとお友達が欲しかったの! すごく嬉しい…ありがとう!」
     エレーヌは目を輝かせてオデットの手を握る。
    「もちろんよ。あなたと友達になれるなら、私も嬉しいんだから」
     オデットはエレーヌの手を握り返し、微笑んだ。
    「な、なによ…。どういうこと?」
     手を握り合う2人の様子を見ていたナタリーは、オデットの反応に戸惑い、口を尖らせる。
    「ごめんね、ナタリー。私のこと気遣ってくれてるの分かってるから。でも私、分かったの。本当はエレーヌを嫉みたくないって」
    「ま、オデットがそう言うなら、あたしは別にいいけど。あんたの気が楽になったってなら、それでいいわ。あんた友達作るの下手なんだから、良かったじゃない」
    「うん、ありがとね、ナタリー」
     オデットがお礼を言うと、ナタリーはにっこりと笑顔を返した。
     そんな2人の隣で、エレーヌは祈るように手を組んで目を閉じる。
    「お願い事、聞いてくれたんだ…。ありがとう、サージェイド…」
    「え? 何?」
     初めて聞く言葉にオデットは首を傾げる。
    「実は私ね、友達ができるように“おまじない”をしていたの。それが効いたんだって思って」
     と、少し照れ臭そうにエレーヌは笑った。
     
     
     以来、オデットとエレーヌはお互いに良き友として学問に励んだ。
     やがて、2人はアーテロイド高校が誇る最高の才女となり、学問の女神と呼ばれるようになった。そして国民たちから賞賛を浴びる未来となった。
     
     
     
     
     
    終わる


    カエルちゃんとサージェイド

    うちよそ作品。
    れぃんちゃん家のカエルちゃんとサージェイドで海上ボール遊び。
    カエルちゃんの水着は想像で描かせていただきました。


    あるサラリーマンの体験

    サージェイドという存在に関わった人のお話。


     天使なのか悪魔なのか分からないものを見た。多分、あれは疲れのせいで見えてしまっただけの幻覚だと思う。
     私はしがない下っ端サラリーマンだ。料理も下手な一人暮らしの何の取柄もない男。空想世界に浸れるほどの余裕はない。
     早番勤務で日が昇る前に出社し、休憩もそこそこに数時間の残業をこなして帰宅。そんなくたくたに疲れた日の帰り道だった。
     
     電車を乗り継ぎ、夕日も沈みかけた住宅街の道を力無く歩いていた。寒くも暑くもない日だったのに、嫌に寒気を感じていた。恐らく風邪だろう。昨日も勤務疲れでリビングで眠りこけてしまったのを思い出す。
     いつもと変わらぬ道を歩いていると、あまりに白すぎてまるで光っているように見える猫が道端に座っていた。この辺りの飼い猫だろうか。凛とした気品さのある猫だった。その猫が真っ赤な目でこちらを見ていた。
     特に興味も湧かず白い猫の横を通り過ぎる。ところが、白い猫は私の前へ飛び出し、進行を妨げるかのように足元に擦りついてきた。邪魔ったくなった私は短い休憩時間のせいで食いそびれた昼飯のおにぎりがあるのを思い出し、鞄から取り出した。中身は鮭だ。猫でも食べられるだろう。包み紙を広げて地面に置くと、猫はおにぎりの匂いを嗅ぎ始めた。
    「食っていいぞ」
     そう言い残して、さっさとこの場を離れた。案の定、猫は付いてこなかった。猫はいいな。ああやって愛想振り撒いていれば可愛がってもらえるんだから。
    「もっと楽に生きたいなぁ」
     今までの人生、パッとしないものだった。積もり積もった様々な不満から、思わず独り言が出てしまった。
     その瞬間、一陣の突風が吹いて、私は目を閉じた。僅かに目に入った砂埃に目を何度か瞬いて涙で洗い流す。
     不可思議な風に違和感を感じて周囲を見回すと、電線の上に「何か」がいた。
     白く光って見える真っ白な肌の子供。鮮やかな青い髪はとても長く、その頭には牛の角のように曲がった金色の角が生えていた。そして、その背には鳥の翼やコウモリような翼がたくさん生えていて、どれも色が抜けたように真っ白だった。宗教画で似たようなのを見たことがある。天使は階級が高いほど異様な姿をしている。どこの世界も上司は怖いなと思ったほどだ。
     天使とも悪魔ともつかない子供の片手にはゲームでありそうな光輝く槍が握られていて、その先の刃には真っ黒なスライムのようなものが刺さっていた。
     どう考えてもおかしい。不思議と恐怖を感じないのは、恐らく現実離れしすぎてるからだろう。酷い疲れのせいで幻覚が見えているのかもしれない。明日は仕事帰りに病院に行こうと冷静に考えた。その反面、ほんの少しだけ期待してしまった。もしこれが現実なら、疲れて過ぎていくだけの日常から異世界へ迷い込むファンタジーものの漫画や小説の主人公みたいになれるのでは…と。
     子供は真っ赤な瞳で私を見て笑った。さっきおにぎりをあげた白い猫の姿が思考を過る。そしてふわりと飛び上がると、溶けるように消えていった。
     やはり幻覚だった。私は溜め息をして再び歩き始めた。
     
     あの日以来、私はすこぶる体調が良くなり、仕事もうまくいくようになって自信が付いた。偶然に出会った幼馴染と意気投合して結婚を前提に付き合うにまで至った。何もかも順調だ。あの幻覚で見た存在が私に憑いていた悪いものを取ってくれたのかもしれない。
     幻覚で見た存在が現実のものだったのかどうかなんて、今更分かるはずも無いし調べようもない。人に話したところで笑い話にされるオチだ。
     それでも、私にとっては人生の転機を与えてくれた神様のようなものだ。目の赤い猫にはあの日以来会えていないが、白い猫に会ったら挨拶するのが私の癖になっていた。
     
     
     
     
     
    終わる


    王女とサージェイド

    ★うちよそ作品。
    運命は魂に宿り、記憶は身に刻まれ、感情は心に寄り添う。
     
    とある国の王女へ。
    祈りを込めて、良い夢を…。


    サーシャ

    サージェイドを降神されたサーシャは、人々の笑顔を見るのが大好きだった。
    願いを叶えれば、夢を実現すれば、みんなが幸せになってくれる。そう信じていた。


    竜使い

    創作 サージェイド うちのこ ライエスト「竜使いと白いドラゴン」の主人公ライエストとサージェイド。
    こういう雰囲気の絵を描きたかったので、思い通りに描けて満足。
     
     
    作中には触れられてないのですが、ライエストは神竜ゼーブルグの末裔が住むトゥルパ村の直系の血筋です。父親であるアルフォドは村のリーダーとして長老たちと様々なことを決定してきました。直系は竜の血が濃く、アルフォドの見た目は完全に人間でしたが知能と身体能力がずば抜けていました。神竜の血の影響は人によって様々で、体の一部に現れたり寿命が長かったり不思議な力が使えたりしています。
    ライエストは角と尻尾が生えた状態で生まれ、尻尾は生まれた時に切り落とされましたが角は折れなかったため頭に帯布を巻いて隠しています。また、神竜ゼーブルグは非常に珍しい三つ目の竜で、ライエストは生まれた時にその目も遺伝してありましたが、長老たちに危険視されて潰されています。おデコの傷はその名残です。本人には額の目のことは知らされてないので、幼い頃に何か大怪我したんだとしか思ってません。直系とはいえ、村で特別視されているわけではなく、身分差別なく暮らしています。
    トゥルパ村の始まりは、大昔に神竜ゼーブルグに生贄として捧げられた身分の低い人間の娘から。神竜ゼーブルグは人間の生贄が欲しかったわけではなく人間と共に暮らしたかったのですが、当時の人間たちの恐怖心からの勘違いにより生贄を捧げられました。やがてその娘のことは世間から忘れられて、生まれた子たちが子々孫々と生き続けて村となりました。世界の最果てでひっそりと生きてきた村ですが、何らかの理由で迷い込んだ人間が村を気に入って永住することもあり、神竜の血は少しずつ薄くなってきました。
    神竜ゼーブルグはトゥルパ村でしばらく暮らしていましたが、世界を滅ぼそうとした“白の破壊”という魔物が現れて、それと戦いました。“白の破壊”を封印することに成功するも相打ちとなり、命を落としました。この事実はトゥルパ村にしか残っておらず、世界では自然大災害として歴史に残されています。神竜ゼーブルグの意思は村に根付いていて、村人たちは竜族と仲良く暮らしています。竜族に認められて竜使いになれることは一人前になるという風習になっています。
    ・・・という設定があります。


      月毎

      検索