インデックスに戻る
  • 日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく日記。
    ゲームや嗜好品の感想も。

  • 地震

    地震、大きかった…。
    こういう天災はいつ来るか分からないよな。生きてる以上、安全な場所なんて無い。
    命の保障も補償も無いってことだよね。


    機嫌が良さそう

    あのヘルメットは嘴取ってから脱ぐような気がしてる。
    嘴は何のためにあるんだ。未だにわからねえよ。角度によっては描くとき大変すぎて描けずに諦めちゃうんだよ。
    鳥っぽいのはとても良いけど、最高だけど。
     
    仲良くなってきたらきっとこういう感じで見上げてきそうだなって思うと、たまらんな。
    ただの妄想だけどな。
    いいなぁ、刺斬や鎖は、きっとこういうⅨ籠を見たことあるんだろうな、羨ましいな。
    ただの妄想だけどな。
     
    Ⅸ籠ちゃんかわいいな(そっと目を閉じ夜空を仰ぐ)


    黒い方

    うちの子・サージェイドの片割れ、黒い方のセーヴァルガ。
    無限エネルギーという概念存在なので、誰に囚われることも無いから首輪はしていない。
    意識はあるが自我はほぼ無い。万物のエネルギーなのに虚無。何も考えてない、というか考えられない。サージェイドがいないと顕現すらできない。
     
     
    エネルギー+無=物質+反物質…っていう宇宙の式。


    一歩ずつ進め

    ★毒砂の風が吹く世界ってどんな所だろうか。
     
    我が家のアーミィって、ちょっと感情が薄いというか自我が薄い子だなって思ってるんだけど、それはそれでいいと思ってる。
    兵器として育てられてたら、そうなるだろう…多分。
    うずしおの予想では、一番永久少年として長く生きてると思ってる。だからラボにいた時期が一番長いし、誰よりも実年齢は上。それ故に、達観した考え方してそうなイメージがある。
    ラボは最初に最強造るつもりだったんではないだろうか。でも結局理想が高すぎて最後になってしまった…と。あ、現段階での最後はⅨ籠か。アーミィの逃亡のこと考えるとⅨ籠が最後の可能性高いよな。
    最高のものが出来上がったら、それを複製したいと思う気持ちは分からなくもない。
     
     
     
    ホームページの改装が難航してる(^p^)
    というのも、今のドメインが「https://bm.aceleca.net」だから元の「https://b-milk.aceleca.net」に戻したいのですよ。
    ドメイン変わってしまったのは、試しにCMSツール使ってみようとテスト的に別ドメインでブログ作り始めて、それが自分で組み立てられて普通に機能することが分かったので調子に乗って他のページも組み込んでしまったが故にこの状況になってしまったのですよ。
    なので、日記や作品などのページを全て元のドメインに戻すべく全ページの画像の再アップロードとテキストデータを入力し直しているのです。最悪です、私バカです。でも戻したいんです。地獄のような作業量だけど、これが今までの自分がやって積み上げてきたものだから苦にはならないのです。


    機械は…

    ★エレチュンは良い。
    永久少年の中では最古参だし、まだ公式の名も無いころからずっと弐寺キャラとして馴染みがある。
    人間なのか機械なのか分からない容姿は仄かな不気味さがあり、不思議な雰囲気の曲を担当していたから未知の存在のような感じがあった。
    まぁ、ただ、まともに描くには難易度は高い…。何なのさ、そのコードとかゴチャってるの…。その分、描きごたえはあるけども。
    一方で、落書きの場合は適当に線引いてもソレっぽく見えるから手軽である。
     
     
     
    機械は素直でいい子だ。
    えー何でこれエラーなのおかしいだろ…って思っても、機械は指示された通りの行動しかしてないから、故障でない限り、人間の命令の仕方が間違ってるだけ。
     
    「よく振ってからお飲みください」って書いてあるのに振るの忘れて最後あたりに味が変になるのは、自分が悪いよな、知ってる。
    機械は絶対そういうミスしないからな。
    「振らずに開封してください」って書いてあるのに振っちゃって開けたら中身飛び出してくるのは自分が悪いよな、知ってる。
    機械は絶対そういうミスしないからな。
     
    文字書いてあるのに読まないのは猿以下だぞ。分かりづらい所に書いてあるのが悪い…なんてのは屁理屈な言い訳だからな。
     
     
    でも、ミスするからこそ、生き物である。


    進捗と予定

    ホームページのデザイン変更でずっと考え込んでる。
    ほぼ決定だと思われるのはトップに作品の更新履歴3~5件くらい表示(左側)と、作品のページをテキストではなくサムネイルの画像表示に変更(右側)。
    文字の大きさの微調整はするかもしれないし、しないかもしれない。
     
    投稿すると日記・絵・小説のカテゴリーで振り分けが自動化される。
    今まで、作品を追加するたびに作品ページのと更新履歴のHTML書き直してたけど、その作業が不要になる。
     
    絵の投稿をすると更新履歴に追加され、作品ページに円型サムネイル付きで追加される。
    サムネイルはCSSで円型にくり抜いてるので別の画像を用意する必要が無い。画像1枚で完了する。
    パソコンから閲覧だとサムネイルが最大5つ横並びになる、スマホやタブレットだと横幅に合わせて横並びになる数が変わるように設定。今の時代に合うように横幅可変に合わせた表示になるように頑張った。
     
    小説の投稿をすると更新履歴に追加され、作品ページにタイトルが追加される。画像無しでテキストだけになってしまうので絵とは別のショートコードを用意した。
    小説は降順ではなく昇順で並ぶように設定。続き物同士で並ぶように設定をする予定。上から下に読みたいじゃん。この振り分け方法をカテゴリーにするかタグで判別するかが悩みどころ。タグは日記で使ってるので日記のタグと作品のタグを別物として表示・非表示切り替えられる方法があるならタグ設定でやりたいな。先人の知恵を借りるべく情報収集に奔走する。
     
    気になるのは日記の月毎アーカイブに作品も表示されてしまうことだな。違和感はあるものの然したる問題ではないので現状のままにしておくかもしれない。
    webデザイナーのプロではないから妥協は許される。私は素人だ。
     
    …しかしまぁ…15年以上前のweb作成とは大きく変わったもんだ。
    2003年にこのホームページを作り始めた時の事を思い出すと、何だかウフフって微笑ましくなってしまう。
     
     
     
    最近の事。
    15日に首をね、グギってやっちまったのですよ。めちゃくちゃ痛いのですよ。辛いのですよ。肉体的ダメージ大き目なのですよ。痛みで鬱にならないように祈ってるのですよ。
     
    作品の小説がね「気になる兄弟」っていうタイトルの小説がね、データ紛失してしまったのですよ。アーミィとⅨ籠の珍しくほのぼの話だったので気に入ってたのですよ。無くなっちまったのですよ。精神的ダメージ大き目なのですよ。どの作品も私にとっては大切な宝物なのですよ。悲しさで鬱にならないように気を張ってるのですよ。
     
    ・・・痛い思いしかしてない。
    でも、生きる。


    与太話

    サージェイドは、【全てを満たす白い影】と【果てぬ原初の黒い海】の双子の白い方。
     
    黒い方からエネルギーをもらい、ありとあらゆる事象を操作し理を書き換え法則を変化させて、どんな願いも叶え奇跡を起こしてきた。
    神々に、エネルギー源である黒い方と分断されてしまったせいで、存在するために膨大なエネルギーを消費し続けてる。
    人間の感覚で言うならば、いつもお腹が空いている。それも極度の飢餓。
    万物の物質・無限の空間・永劫の時間・感情・生命の記憶・魂・概念…存在するものは何でも喰う。喰いまくってたら神々に激怒された。
    元はと言えば、神々が理不尽な理由でエネルギー源である片割れと分断したからだと言い訳をした。聞き入れてもらえなかった。
    程なくして、自分は神々に消滅させられるために陥れられたのだと知った。意図せずとも信仰心を一身に集めてしまっていた「どんな願いも叶える」という存在は、神々にとって邪魔だったようだ。
    それから永い間、身を潜めていた。決まった姿形が無かったせいで、人類にその姿を後世に描き残されることも無く、忘れられてしまった。
     
    やがて、エネルギーが底をつき存在消滅の寸前にまでに至ったので、活動を始めた。
    並行宇宙を飛び廻り、対価と引き換えに願いを叶え奇跡を起こし、ブラックホールという現象として認識されながら星や時空を喰っている。星喰らう化け物と呼ばれるようになった。
     
    エネルギーを消費できずに肥大化していくだけの存在と化してしまった双子の片割れと再び繋がれることを願っている。でも願いを叶える存在は他の誰にも願いを叶えてもらえないし、自分の願いを叶えることはできない。
     
    今日も明日も永遠に、お腹を空かせながら時空遊泳。


      月毎

      検索